スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

仮想通貨ってどうなんだろうか?

ここ何年か前から仮想通貨が話題を呼んでいますね。  色々と記事になっていたり、書籍も販売されてたり、ブログに書く人も沢山いるようなので、何をいまさらという感じがしますが・・・  今回はそんな昨今話題に上がることの多い仮想通貨について書いてみたいと思います。

 仮想通貨については、私はどちらかと言えば否定的、というよりも疑問に思っています。  何が疑問なのかというと、仮想通貨の話になると決済や送金などの手段であるにもかかわらず、なぜか投資の話になってしまうというのが腑に落ちないからです。  もちろん既存の通貨もFXなどで投資・投機の対象になってはいますが、決済するときや送金するときなどにそれが絡んでくるかと言えばそうではないでしょう。  ですが仮想通貨の場合は、それの技術であるブロックチェーンの話にせよ決済や送金などの用途の話にせよ、どんな場合でも投資・投機の話が絡んできているような気がします。  例えば、ある仮想通貨の技術がどこかの銀行の送金手段に採用されそうだ、だから該当する仮想通貨が値上がりするとか、どこかの団体が資金調達のために仮想通貨を発行したから値上がり前に購入した方が良い等々・・・  後者の例なんかはなんかの記念コインかなと思うような、私には理解不能な話ですが、このように仮想通貨ではなにがしかの投資・投機の話がついて回ります。  本来の通貨の役割は、モノやサービスとの交換に用いられる決済のための価値交換媒体、というものですが、仮想通貨の話題になるときにはこの点は軽く流されてしまい、ブロックチェーン技術の先進性や将来性、そして仮想通貨の将来期待からくる投資の話がメインになっているという点は、私は非常に疑問に感じます。  また、疑問点としてついでに挙げておくと、決済や送金手段として仮想通貨を現実問題として利用できるのかどうか、という点があります。  具体的に言うと、仮想通貨は投資・投機対象となっているために価値の変動が激しく、決済や送金をしているわずかな時間でさえ価格が変わっていることがあります。  これでは、モノやサービスを提供する側も受ける側も、安心して支払いの手段として利用するのが難しいのではないかと思います。

 これらの疑問点が解消されない限り、私は仮想通貨に将来性はないと思います。

新しい技術が出てくると、その先進性や特異性がことさらに強調されますが、肝心なのはユーザーとな…

最新の投稿

南国気分なビール、インドネシアのビンタンビール。

ベルギートラピストビール オルヴァル、特別な日のビール2。

ヱビス マイスター 匠の逸品 我が家の特別な日用ビール1

麦とホップ、我が家の晩酌の定番ビール。

国内での生産を海外からの輸入に切り替えるとどうなるか。

子育てはやっぱり難しい。つい怒ってしまうときには。

ママ友はよく聞くけどパパ友は聞かないよねって、お話

共働きであれば便利だと思う便利家電2

共働きであれば便利だと思う便利家電1

引退後、老後に何をするかについて考えてみる。